ゴルフ肘について

 

ゴルフ肘は肘の内側に発生する炎症のことで、正式には上腕骨内側上顆炎といいますが、ゴルフをする人に多く見られるためゴルフ肘と呼ばれます。

ゴルフ肘の原因

 

肘は前腕を単純に折り曲げるだけでなく回転させる軸でもあり、複数の筋肉が繋がっている基点です。そのため負担がかかりやすく、疲労を蓄積していくと炎症を起こしてしまいます。

 

その炎症が起こる部分が肘の内側にある腱の周辺です。そしてそこに負担をかけやすく、前腕での勢いのある回転と折り曲げを必要とするのがゴルフです。

 

ゴルフ肘は、スイングが安定していないと起こりやすいと考えられています。そのためゴルフ肘を起こしやすい人は、フォームが安定していない方に多く見られます。

 

通常、筋肉はあまり柔軟性がありません。それをストレッチによって伸ばしてあげると、衝撃などの負担を分散させる余裕が生まれ、肘にかかる負担も自然と減ります。

ゴルフ肘でお悩みなら当院にお任せください

 

ゴルフ肘でお悩みならGenki鍼灸整骨院にお任せください。

Genki鍼灸整骨院はスポーツ医療を熟知しております。
痛みや症状を根本から治すには、緊張した筋肉を緩めてから整え、鍛える必要があります。

 

当院では、「痛みを取る」「整える」「強くする」
というコンセプトで、リスクなく皆様のカラダを健康に導いて行きます。

お悩みの方は一度お気軽に当院にご相談ください。

genkiでは保険診療が受けられます。

Genki鍼灸整骨院千本三条店へのお問い合わせ

LINEにてお問い合わせができます

line予約

タップして電話でのお問い合わせ

電話お問い合わせ 電話お問い合わせ

GoogleMap