半月板損傷について

 

病態

半月板とは、膝関節の内側と外側にあるC型・O型をした板状の組織で、衝撃吸収と膝関節を安定化する機能を持っています。半月板が損傷すると痛みが生じ、運動時痛や膝を曲げ伸ばした際の引っかかり感といった症状が出現します。

 

ひどい場合には膝に水(関節液)がたまったり、急に膝が動かなくなる“ロッキング”という状態になり、激痛のため歩けなくなることもあります。

 

このような痛みはありませんか?

 


  • 膝を捻った
  • 曲げ伸ばしした時に引っ掛かる
  • 膝が腫れる

半月板損傷の原因

 

半月板損傷は、体重が加わった状態で膝をひねったり、衝撃が加わったりすることで起こります。半月板損傷はスポーツ外傷でよくみられますが、半月板は加齢によって傷つきやすくなることから、高齢者ではささいなケガや日常生活動作でも損傷することがあります。

 

 

半月板損傷は損傷の形・部位によって手術が選択される場合もありますが、保存療法がほとんどです。しかしながらロッキング症状(膝の曲げ伸ばしができなくなる)、もしくは繰り返し起こる半月板損傷、持続する疼痛、しつこい水腫(膝に水がたまる)などがある場合に手術適応になります。

 

半月板の痛みを放置してしまうと、変形性膝関節症に進行していくことも考えられるので、必ず治療が必要になります。

GENKIの治療

 

炎症期は、消炎鎮痛作用の高い直流微弱電流AAPという物療機器で治療を行います。自宅でも治療が行えるようフィジオナノという組織修復を促すための物理療法の器具を貸し出すことも行っています。

 

GENKIの詳しい治療についてはコチラ

 

炎症が落ち着いてきたら、ハムストリングスなどの過緊張を改善し、正しい膝の屈曲伸展運動を作ります。また膝関節の回旋運動が制限されていることが多いのでしっかりと改善していきます。

 

半月板損傷後は大腿四頭筋の筋力低下が必ずおこるため筋力強化を行います。(大腿四頭筋壁ストレッチ、筋トレ)また不良姿勢、股関節筋力の筋力低下などにより膝関節へのストレスが大きくなっている場合もあるため全身的に診ていく必要があります。

半月板損傷でお悩みなら当院にお任せください

 

半月板損傷でお悩みならGenki鍼灸整骨院にお任せ下さい。

当院では、施術の前に必ず、患者様が抱える問題を把握するためにしっかりとカウンセリングを行います。カウンセリングを行った後に患者様おひとりおひとりにあった施術を行っていきます。
お悩みの方は一度お気軽に当院にご相談ください。

genkiでは保険診療が受けられます。

お近くの店舗を探す

お住まいの地域から近いGenki鍼灸整骨院はこちらをご覧ください。院ごとに料金や店舗情報などを掲載しておりますので、お気軽にお問い合わせください。