膝後十字靭帯損傷(PCL損傷)について

 

後十字靭帯は大腿骨(太ももの骨)に対して脛骨(すねの骨)が後方に脱臼するのを防いでいます。靭帯に加わる力が非常に大きいと、靭帯はその力に耐えきれずに切れてしまいます。これが「膝後十字靭帯損傷」です。

 

損傷すると「膝が抜ける」、「膝がはずれる」、「しゃがみ込みができない」などといった不安定感により、日常生活やスポーツに支障をきたします。

 

このような症状でお悩みではありませんか?


  • 膝が痛くて正座ができない
  • 膝が痛くてしゃがみ込みができない
  • ジョギングはできるがダッシュができない

膝後十字靱帯損傷の原因

 

膝後十字靱帯損傷は交通事故でダッシュボードに脛をぶつけたり、スポーツ活動中に脛をグランドでぶつけたり、タックルをされることで大腿骨に対して脛骨が後方にずれることで損傷します。

 

 

膝後十字靭帯は膝を屈曲する際に軸となる靭帯であるため、後十字靭帯損傷後は屈曲時に膝の後ろに詰まり感がでてしゃがみ込みができなくなったり、正座ができなくなったりします。

 

切れた後十字靱帯が自然に癒合することはありませんが、よほど不安定性が強くない限り手術適応にはなりません。

 

GENKIの治療

 

膝後十字靭帯再建術後は膝関節が不安定になりハムストリングス
(特に外側ハムストリングス)を緊張させて膝を安定させようとします。

 

過緊張状態になっているハムストリングス・下腿三頭筋・大腿四頭筋の過緊張を軽減させアライメントの改善を測り正しい膝の屈曲伸展運動を作ります。

 

筋緊張の軽減にはマッサージガンが有効です。またGenki鍼灸整骨院では膝痛に特化したオリジナルメニュー膝パックを用意しています。

 

膝パックリンクアライメントの改善と同時に膝関節を安定させるために大腿四頭筋、内側ハムストリングスの筋力トレーニングが必ず必要になってきます。

 

GENKIの詳しい治療についてはコチラ

 

膝後十字靭帯の損傷でお悩みの方は当院にお任せ下さい

 

膝後十字靭帯の損傷でお悩みならGenki鍼灸整骨院にお任せ下さい。

再建術後スポーツ復帰するためには必ずリハビリが必要になります。特に再受傷しない様に受傷機転を明確にし不十分である身体機能を改善させていく必要があります。つまり膝関節だけでなく全身を診てリハビリを行うことが重要です。

 

患者様がご自身の問題を理解することで安心して頂けるよう適切かつ丁寧に説明させて頂きます。

お悩みの方は一度お気軽に当院にご相談ください。

 

genkiでは保険診療が受けられます。

お近くの店舗を探す

お住まいの地域から近いGenki鍼灸整骨院はこちらをご覧ください。院ごとに料金や店舗情報などを掲載しておりますので、お気軽にお問い合わせください。