有痛性外脛骨について

 

有痛性外脛骨は過剰骨の一つとされ、激しいスポーツなどを行った際に外脛骨により痛みを生じることがあります。靴で足が圧迫されたり、捻挫などをした時にも発症する場合があります。これは外脛骨と舟状骨をつないでいる部分が損傷して動くためで、痛みを伴います。

有痛性外脛骨の特徴

 

小学校高学年くらいの人に起こりやすく、比較的男子よりも女子に多いのが特徴です。これは扁平足が関係していることが多いとされているからです。

 

運動をした後に足の中央に痛みがある場合は、有痛性外脛骨の可能性が高いので運動は20日ほどは中止した方が良いでしょう。成人と異なり、成長途中の子供の骨は柔らかいので過剰骨が大きくなり痛みを伴う場合があります。

 

有痛性外脛骨は本来退化してなくなっているはずの骨によって起きるもので、患部を押すと痛みを伴い、強い痛みはありませんがスポーツを行う際に支障をきたします。

有痛性外脛骨でお悩みなら当院にお任せください

 

有痛性外脛骨でお悩みならGenki鍼灸整骨院にお任せください。

痛みを我慢したままでいると、再発を繰り返す状態になることもあります。

当院では、施術の前に必ず、患者様が抱える問題を把握するために、しっかりとカウンセリングを行います。確かな根拠を元に評価・施術を行い結果にこだった施術を行います。

 

患者様がご自身の問題を理解することで安心して頂けるよう適切かつ丁寧に説明させて頂きます。

お悩みの方は一度お気軽に当院にご相談ください。

genkiでは保険診療が受けられます。

お近くの店舗を探す

お住まいの地域から近いGenki鍼灸整骨院はこちらをご覧ください。院ごとに料金や店舗情報などを掲載しておりますので、お気軽にお問い合わせください。