足底筋膜炎について

 

足底筋膜炎とは、足の指の付け根からかかと部分に炎症が起きて、小さな断裂を起こす事で痛みが生じる病気の事です。主な症状としては、かかとや土踏まずといった足の裏の痛みがあります。

足底筋膜炎の原因

 

スポーツ

足底筋膜炎になる主な原因は、スポーツが挙げられます。特に足を酷使する競技、例えばマラソンやサッカーや、ジャンプする動作が多いバスケットボールやバレーボールをしている人がかかりやすい傾向があります。

 

立ち仕事

普段の立ち仕事も原因の1つです。長時間立ち続けていると足で全体重を長い時間支え続ける必要があります。その為負担が増して症状が出る事があります。

 

加齢

加齢によって、足の筋力が落ちると自然と体の重心が後ろに傾いてしまう事があります。そうなるとかかとに負荷がかかるようになり、痛みが出るようになります。

 

肥満

肥満体型の人も、体重が重い事で足の裏に負荷がかかり痛みを生じる事になりますし、そこが薄い靴を履いている場合も、足の裏に衝撃が伝わりやすく負荷をかける事にもつながります。

足底筋膜炎でお悩みなら当院にお任せください

 

足底筋膜炎でお悩みならGenki鍼灸整骨院にお任せください。

痛みがある状態でスポーツを行い続けたりしていると小さな損傷を繰り返す事になり、次第に治りにくくなり症状も悪化してしまいます。症状が悪化すると、しこりも出来てしまい、座っていても痛むようになるので、早めの治療が必要です。

 

当院では、施術の前に必ず、患者様が抱える問題を把握するために、しっかりとカウンセリングを行います。確かな根拠を元に評価・施術を行い結果にこだった施術を行います。

 

患者様がご自身の問題を理解することで安心して頂けるよう適切かつ丁寧に説明させて頂きます。

お悩みの方は一度お気軽に当院にご相談ください。

genkiでは保険診療が受けられます。

お近くの店舗を探す

お住まいの地域から近いGenki鍼灸整骨院はこちらをご覧ください。院ごとに料金や店舗情報などを掲載しておりますので、お気軽にお問い合わせください。