ぎっくり腰について

 

ぎっくり腰とは正式名称を「急性腰痛症」と呼んでおり、突如として腰に痛みが生じるという症状を指しています。その要因は様々な物があり、代表的な事では重い物を持ち上げた瞬間に発症したり、急に体を強くひねった時などが良くあるケースとなっています。このぎっくり腰は主に腰の骨などではなく、背中の筋肉の損傷からくる場合が多いのが特徴です。

 

場合によっては痛みで立ち上がれない程にもなりますが、これは肉離れを起こしている可能性もあるでしょう。痛みがある特に無理に動いたりすると、背中だけではなく椎間板などに影響を及ぼす事も考えられますので注意が必要です。

ぎっくり腰が起こる要因

 

ぎっくり腰が起こる要因としては運動習慣が少ない方の場合が多いのが事実ですが、普段からスポーツに親しんでいるという方でも突然起こる場合があるのが特徴です。これは普段からの筋肉疲労が蓄積していたり、筋肉が緊張しているなどの理由が考えられます。

 

そして普段からの姿勢や動きの癖なども影響しているとされています。例えば重い物を持ち上げる時の体勢が悪いと腰や背中に負担がかかりますので、ぎっくり腰に繋がりやすくなるでしょう。

 

また運動不足の方がぎっくり腰になると、痛みが重症化や長期化しやすくなる事もありますので、普段から適切な運動を心がけていく事も必要です。

ぎっくり腰でお悩みなら当院にお任せください

 

ぎっくり腰でお悩みならGenki鍼灸整骨院にお任せください。

ぎっくり腰を放置し、継続して痛みが続いていくと慢性腰痛となる場合もありますので適切に対処する事が大事です。

 

当院では、痛みや症状を根本から治すために、緊張した筋肉を緩めてから整え、鍛える必要があります。高齢になると筋肉は衰えますが、これは加齢による影響よりも運動不足が大きな原因です。

「痛みを取る」「整える」「強くする」というコンセプトで、リスクなく皆様のカラダを健康に導いて行きます。お悩みの方は一度お気軽に当院にご相談ください。

genkiでは保険診療が受けられます。

お近くの店舗を探す

お住まいの地域から近いGenki鍼灸整骨院はこちらをご覧ください。院ごとに料金や店舗情報などを掲載しておりますので、お気軽にお問い合わせください。