オスグッドについて

 

オスグッド病は膝に起こる症状で、主に10歳から15歳程度の子どもに見られます。発症には膝をよく使うサッカーなどのスポーツが大きく影響していて、特に動いている間に痛みや腫れといった形で現れます。

オスグッドの症状

 

オスグッド病は太ももから続いている一連の筋肉が引き起こします。その筋肉は膝の曲げ伸ばしにも使われるため、脛の根元の骨に接続します。まだ身体の成長段階である状態だと、骨も軟骨から硬質化している途中です。

 

骨が硬質化している途中なので、その接続している部分も柔らかく、筋肉に強く引っ張られると剥がれてしまいます。それがオスグット病の症状です。

 

オスグッド病の症状がある時は、スポーツはしないほうがよいでしょう。また、骨が剥がれてしまうような強い負担が、脛との接続部にかかりにくいようにすることが大切です。筋肉が柔軟性を持てば軽減することもできます。

 

オスグッド病でお悩みなら当院にお任せください

 

オスグッド病でお悩みならGenki鍼灸整骨院にお任せください。

基本的に体がある程度の成長を終えると発症しなくなります。ただ骨も関係するほど大きな症状なので、何も対処をしないと最悪の場合は手術をしなければならないことにもなり得ます。

 

また発生した異常が大きければ、成長が終わった後でも影響しかねません。なので早い段階からしっかりと対策をしておいて、健全に成長を完了させることが大切です。

 

当院では、施術の前に必ず、患者様が抱える問題を把握するためにしっかりとカウンセリングを行います。確かな根拠を元に評価・施術を行い結果にこだった施術を行います。患者様がご自身の問題を理解することで安心して頂けるよう適切かつ丁寧に説明させて頂きます。

お悩みの方は一度お気軽に当院にご相談ください。

genkiでは保険診療が受けられます。

お近くの店舗を探す

お住まいの地域から近いGenki鍼灸整骨院はこちらをご覧ください。院ごとに料金や店舗情報などを掲載しておりますので、お気軽にお問い合わせください。