難聴について

 

人間だけではなく聴覚器官を持つ多くの動物は、発生する音を感知して状況判断を行っています。聴覚というのは目による視覚に次いで重要な働きを担っていて、その働きの基本になるのが耳です。

 

難聴の症状

耳は音が空気中を伝わる振動を感知して本人が認識することになりますが、この空気中を伝わる振動を適切に脳に伝えられなくなると難聴という症状になります。

 

難聴は耳のどの部分で問題が発生したのかにより症状が異なりますし、脳への伝達の具合で異常が起きた時も状態が変化します。一般的には音が小さくて聞き取りにくいという状態になりますが、それが高音や低音といった特定の音階が聞き取れないというケースもあります。

 

また脳への伝わり方の異常から、耳そのものは正確に感じ取っているのに、誤った情報が脳に行くことで別の音と認識する場合もあるでしょう。このように難聴にはいくつも症状が存在していて、その状況に合わせた対策が必要になっています。

難聴の原因

 

難聴になる原因は遺伝的に本来の機能を関係機関が果たしていない場合もあれば、病気や事故などの外的要因から発生する場合もあります。また加齢によって機能が低下することで難聴になるのが老化現象です。

難聴でお悩みなら当院にお任せください

 

難聴でお悩みならGenki鍼灸整骨院にお任せください。

 

当院では、施術の前に必ず、患者様が抱える問題を把握するためにしっかりとカウンセリングを行います。患者様がご自身の問題を理解することで安心して頂けるよう適切かつ丁寧に説明させて頂きます。お悩みの方は一度お気軽に当院にご相談ください。

genkiでは保険診療が受けられます。

お近くの店舗を探す

お住まいの地域から近いGenki鍼灸整骨院はこちらをご覧ください。院ごとに料金や店舗情報などを掲載しておりますので、お気軽にお問い合わせください。