テニス肘について

 

テニスは腕の全てを使用してボールを打ちますが、その負担は手首を通って肘にまで至ります。そして負担が疲労として蓄積されると、痛みを引き起こします。それをテニス肘と呼び、テニス以外でも前腕から手首にかけての負担が大きくなるスポーツや、日常の動作が原因となって引き起こされることがあります。

 

はっきりとしたメカニズムは明らかにされていませんが、特に中高年の世代の人に良く見られる症状です。もちろん負担がかかりやすい動きをしていると若い間でもなる可能性はあります。

テニス肘の原因

 

テニスの場合はボールがラケットの隅の衝撃が伝わりやすい部分に当たるのも良くないため、プレイ技術が安定していないことも原因になります。

 

また肘の症状ですが手首の使い方も大きく影響していて、柔軟性や負担の分散も含めると全身の運動能力が関係してきます。テニス肘で痛みが発生するのは炎症が起こっているからなのです。

テニス肘でお悩みなら当院にお任せください

 

テニス肘でお悩みならGenki鍼灸整骨院にお任せください。

痛みや症状を根本から治すには、緊張した筋肉を緩めてから整え、鍛える必要があります。

当院では、「痛みを取る」「整える」「強くする」というコンセプトで、リスクなく皆様のカラダを健康に導いて行きます。お悩みの方は一度お気軽に当院にご相談ください。

genkiでは保険診療が受けられます。

お近くの店舗を探す

お住まいの地域から近いGenki鍼灸整骨院はこちらをご覧ください。院ごとに料金や店舗情報などを掲載しておりますので、お気軽にお問い合わせください。