上腕骨内側上顆炎(テニス肘)について

 

肘の外側の筋肉(短撓側手根伸筋)を使い過ぎた結果、上腕骨外側上顆(肘の外側の骨)の近くで炎症が起こって痛みが発生します。

 

この筋肉がテニスラケットを振る際によく使う部位で、中高年のテニス愛好家がこの病気になることが多いので、通称「テニス肘」と呼ばれています。

 

テニスに限らず、同じラケットスポーツのバドミントンや卓球をはじめ、ゴルフや剣道など他の競技でも短橈側手根伸筋を酷使すると発生します。

 

また、スポーツ以外にも、パソコンのキーボード操作で指を伸ばす動きを繰り返す事務職の方にも好発します。

 

このような症状はありませんか?


  • 重量物を持ち上げる際に肘が痛む
  • 雑巾が絞れない
  • 引き戸を開ける際に痛みを感じる

 

 

外側上顆の炎症は短橈側手根伸筋の過負荷によるものとされていますが、フォームの問題やラケットのグリップの問題との関連性が高いです。

 

体幹・下肢と腕の連動した動きができず、手打ちとなっているケースが多いです。

 

グリップに関しては間違った握り方、無駄な力の入れ方をしていることが多いので、これらを修正していく必要があります。

 

GENKIの治療

 

炎症期は、消炎鎮痛作用の高い直流微弱電流AAPという物療機器や鍼治療を行います。

 

炎症が落ち着いてきたら、短撓側手根伸筋の過緊張の筋肉に対して徒手療法と合わせてハイボルトという物理療法を組み合わせることが有効です。

 

 

上腕骨外側上顆炎は伸筋群に拮抗する屈筋群の筋力低下により伸筋群を過剰に使うことが原因で起こります。そのため筋肉を緩めるだけでは絶対に良くなりません。

 

必ず弱っている屈筋群のトレーニングを行う必要があります。

 

また、上腕骨外側上顆炎は道具の問題・作業環境の問題、作業姿勢の問題など様々な要因が考えられるため、原因を追究し治療を進めていくことが重要です。

 

GENKIの詳しい治療についてはコチラ

上腕骨内側上顆炎は当院にお任せください

 

上腕骨内側上顆炎でお悩みの方はGenki鍼灸接骨院にお任せ下さい。患者様に合った的確な施術方法で、あなたの悩みを根本から改善致します。

 

慢性的な痛みとなる前に是非当院にお越しください。ご来院お待ちしております。

genkiでは保険診療が受けられます。

お近くの店舗を探す

お住まいの地域から近いGenki鍼灸整骨院はこちらをご覧ください。院ごとに料金や店舗情報などを掲載しておりますので、お気軽にお問い合わせください。