肉離れについて

 

肉離れとは、筋肉の一部分が断裂した状態を指します。スポーツの競技中などに起こる急激な筋肉の収縮により発症することがあります。

 

肉離れを起こすと、その瞬間に筋肉の断裂音が聴こえることがあり、その後、痛みが生じます。

 

ハムストリングス、太ももの裏、下腿三頭筋の内側、ふくらはぎ 、大腿四頭筋、太ももの前に好発します。筋膜部分の損傷や筋肉の微細な損傷をⅠ度、筋肉の部分損傷をⅡ度、筋肉の完全断裂をⅢ度と定義することもあります。


  • 筋肉を急に動かしに「ブチっ」と音がなる
  • 伸ばした際に痛みが出現する
  • 筋肉を触ると凹みがある
  • 痛みの周囲に内出血がある
  • 歩行の際に体重をかけると痛みが悪化する

筋肉の柔軟性の低下による肉離れ


  • 筋力低下
  • 筋疲労
  • 関節可動域の低下

上記のような様々な要因によって起こります。

 

肉離れの直接的な原因

 

直接的な原因としては筋肉が引き伸ばされるストレス遠心性収縮に筋肉が耐えられなくなり、損傷・断裂を引き起こします。

 

ふくらはぎの肉離れはテニスレッグとも言われ、テニス中などに前へ出ようと踏ん張った時などに肉離れが起こります。

 

ハムストリングスの肉離れはスプリント時などの足を接地しようとした時などに肉離れを起こします。

 

大腿四頭筋の肉離れはボールを蹴る際に足を振り上げた時などに肉離れを起こします。

 

無理のないストレッチやマッサージ

 

肉離れしないためにまずはストレッチ、マッサージなどの予防が必要になります。筋が張っている状態で無理をしないように早めのケアをすることが必要になります。

 

また、肉離れは完治しても再発を繰り返すことが多いです。再発には必ず原因があり、その原因を究明し適切な治療を行う意必要があります。

 

GENKIの治療

 


受傷して直後の炎症期は、消炎鎮痛作用の高い直流微弱電流という物療機器や鍼治療を行い消炎鎮痛・組織修復を目指します。

 

肉離れの修復過程で筋肉に瘢痕ができたり、筋肉同士が癒着します。また損傷した筋肉以外の筋肉に過緊張がおこります

 


癒着の防止、筋肉の過緊張に対して徒手療法とハイボルト・マッサージガンなどの物理療法を組み合わせることでより効果がでてきます。

 

肉離れは再発を繰り返します。したがって筋肉を緩めるだけでは絶対に良くなりません。
肉離れを起こした後は損傷した筋肉の筋力低下がおこるため、必ず損傷した筋肉を強化する必要があります。

 

GENKIの詳しい治療についてはコチラ

肉離れについては当院へお任せください

 

肉離れの修復過程で筋肉に瘢痕ができたり、筋肉どうしが癒着します。また損傷した筋肉以外の筋肉に過緊張がおこります。

 

癒着の防止、筋肉の過緊張に対してGenki独自の徒手療法・筋膜リリースを行っていきます。また、徒手療法と合わせてフィジオアクティブという物理療法を組み合わせることでより効果がでてきます。

 

また、痛みをとるためにGenki独自の鍼治療が有効です。炎症期には除痛する方法、その後は筋緊張を緩めるため鍼に電気を流します。

 

肉離れは再発を繰り返します。したがって筋肉を緩めるだけでは絶対に良くなりません。肉離れを起こした後は損傷した筋肉の筋力低下がおこるため、筋肉をもとに戻すためにリハビリが必要になってきます。

 

Genkiでは理学療法士が考案した独自のリハビリテーションを提供しています。当院へのご来院お待ちしております。

genkiでは保険診療が受けられます。

お近くの店舗を探す

お住まいの地域から近いGenki鍼灸整骨院はこちらをご覧ください。院ごとに料金や店舗情報などを掲載しておりますので、お気軽にお問い合わせください。