すねの痛み(シンスプリント)について

 

シンスプリントは運動時に起こる、すね内側の痛みの総称であり幅広い解釈があり内容が一定でありません。「過労性(脛骨)骨膜炎」「過労性脛部痛」「脛骨内側症候群」などとも呼ばれています。

 

シンスプリントは繰り返しのランニングやジャンプを過度に行った場合に発症しやすい障害で、繰り返すストレスにより骨膜・筋・筋膜に炎症を起こし痛みが出現します。

 

疲労骨折においてもすね内側に痛みが発生するため鑑別が必要です。

 

このようなお悩みはありませんか?


  • 運動後にすねに違和感がある
  • すねの内側の骨を押すと痛みがある
  • ジャンプの着地やダッシュの着地で痛む
  • 爪先立ちで痛みがある

長趾屈筋・後脛骨筋とは?

 

 

過度の運動量、運動時間、運動内容、日数またはフォームの変更、下肢の形態異常( 脚、回内足、扁平足など)、筋力低下、筋肉の柔軟性低下、足関節可動域制限などが発生の誘因となります。

 

特に土踏まず、内側縦アーチの降下などによるアライメント骨の配列の変化により後脛骨筋・長趾屈筋に伸張ストレスが慢性的にかかる状態になります。

 

後脛骨筋・長趾屈筋が付着する骨・脛骨の内側の骨膜に炎症が起こり痛みが出現します。

 

シンスプリントは筋・筋膜・骨膜・の炎症ですが進行すると疲労骨折に移行する場合もある為、早期に診断、治療する必要があります。

 

疾走型疲労骨折

 

圧縮応力により脛骨の上3分の1の部位に生じるもので陸上の中長距離選手に多く起こる疲労骨折です。

 

跳躍型疲労骨折

 

 

引張り応力により脛骨の中3分の1の部位に生じるものでジャンプ動作の多いバレーボール、バスケットボール、陸上の短距離選手に多く起こる疲労骨折です。重症例では手術適応となるケースもあります。

 

炎症期は、消炎鎮痛作用の高い直流微弱電流AAPという物療機器や鍼治療を行います。

 

炎症が落ち着いてきたら、後脛骨筋・長趾屈筋の過緊張の筋肉に対して徒手療法と合わせてハイボルトという物理療法を組み合わせることが有効です。

 

 

シンスプリントはアーチの低下が原因で起こります。そのため筋肉を緩めるだけでは絶対に良くなりません。必ずアーチを形成する後脛骨筋・長趾屈筋・長母指屈筋・短母趾屈筋・母趾外転筋・長腓骨筋のトレーニングを行う必要があります。

 

シンスプリントはアーチの降下だけではなく、間違ったフォーム、足関節捻挫の後の代償など様々な要因が関係するため全身を診ていくことが重要になります。

 

GENKIの詳しい治療についてはコチラ

 

シンスプリントについては当院へお任せください

 

シンスプリントはアーチの降下だけではなく、間違ったフォーム、足関節捻挫の後の代償など様々な要因が関係するため全身を診ていくことが重要になります。

 

全身機能の改善・足部周りの筋肉をもとに戻すためにリハビリが必要になってきます。

 

Genkiでは理学療法士が考案した独自のリハビリテーションを提供しています。すねの痛みでお悩みの方は当院へお越し下さい。ご来院お待ちしております。

genkiでは保険診療が受けられます。

お近くの店舗を探す

お住まいの地域から近いGenki鍼灸整骨院はこちらをご覧ください。院ごとに料金や店舗情報などを掲載しておりますので、お気軽にお問い合わせください。