ジャンパー膝について

病態

ジャンパー膝では膝蓋腱(膝の皿とすねの骨をつないでいる腱)に炎症が起き疼痛が発生します。
バレーボールやバスケットボールなどでジャンプや着地動作を頻繁に行ったり、サッカーのキック動作やダッシュなどの走る動作を繰り返したりする方に好発します。

 

ジャンパー膝では膝蓋腱(ひざの皿のところの骨とすねの骨をつないでいる腱)に炎症が起き、疼痛が発生します。オスグッドシュラッター病、通称オスグットは成長期に起こる膝の障害の代表例です。ジャンパー膝に同様な要因で発症しますが、成長期は骨が軟弱である為、膝蓋靭帯が付着する部分の骨が引っ張られ骨が剥がれてきます。

 

このような痛みはありませんか?

 


  • 押すと痛い
  • 膝を曲げると痛い
  • 運動後に熱を持つ
  • ジャンプできない

ジャンパー膝の原因

 

ジャンプやダッシュなどによる膝関節の屈伸動作を頻繁に、かつ長時間にわたって行うことで大腿四頭筋の持続的な収縮が起こります。

 

大腿四頭筋の持続的な収縮が起こることで大腿四頭筋のタイトネス、筋力低下がおこり、大腿四頭筋に付着する膝蓋腱に牽引力が加わり微細損傷を起こし炎症することで痛みとなります。

 

 

重症例では、まれに完全断裂に至ることがあります。一般的には練習時間が長いなどによるオーバーユースによって起こります。

 

大腿四頭筋を過度に使用する不良なフォーム、また大腿四頭筋の柔軟性の低下、筋力低下により膝蓋腱に慢性的なストレスが加わり症状が出現します。

 

慢性的に症状が残ることも珍しくなく、必ず治療が必要となります。

Genki鍼灸整骨院の治療法

オスグットは大腿直筋が過剰に働くことで膝蓋靭帯が付着する部分の骨膜に炎症がおき、ジャンパー膝は大腿直筋が過剰に働くことで膝蓋靭帯に炎症が起こっている状態です。まずどのような状態になっているか鑑別する必要があります。

 

鑑別後は痛みに対してGenki鍼灸整骨院ではAAPという特殊な物理療法を用いて治療していきます。また、独自の物理療法と組み合わせた鍼灸治療での除痛も有用です。痛みの種類・程度によって治療を選択していきます。

 

オスグットもジャンパー膝も大腿直筋のオーバーユース・柔軟性の低下・筋力低下・不良なホームなど様々な要因によって起こります。原因となる大腿直筋の過緊張に対して独自の徒手療法・筋膜リリースを行っていきます。また、徒手療法と合わせてフィジオアクティブという物理療法を組み合わせることでより効果がでてきます。

 

 

炎症期は、消炎鎮痛作用の高い直流微弱電流AAPという物療機器や鍼治療を行います。炎症が落ち着いてきたら、ストレスの原因を改善させるために大腿四頭筋の柔軟性改善や筋力強化を行います。(大腿四頭筋壁ストレッチ、チューブ)

 

また膝蓋腱にストレスがかかる動作を改善していく必要があります。特にスクワット姿勢で股関節がうまく使えず膝関節の運動が優位になっている場合が多いため、股関節をうまく使えるようにトレーニングしていく必要があります。テーピングによる治療も有効です。

 

GENKIの詳しい治療についてはコチラ

ジャンパー膝でお悩みなら当院にお任せ下さい。

 

お悩みならGenki鍼灸整骨院にお任せ下さい。

オスグット・ジャンパー膝は様々な要因によって起こっているため筋肉を緩めるだけでは絶対に良くなりません。どのような要因によって膝にストレスがかかっているか解明しその原因を改善する必要があります。そのため間違ったフォーム修正はもちろん全身機能を診ていくことが重要になります。

 

全身機能の改善・筋肉をもとに戻すためにリハビリが必要になってきます。Genki鍼灸整骨院では理学療法士が考案した独自のリハビリテーションを提供しています。
お悩みの方は一度お気軽に当院にご相談ください。

genkiでは保険診療が受けられます。

お近くの店舗を探す

お住まいの地域から近いGenki鍼灸整骨院はこちらをご覧ください。院ごとに料金や店舗情報などを掲載しておりますので、お気軽にお問い合わせください。