腰痛について

 

腰痛は「人類の宿命疾患」の一つともいわれ国民生活調査の中でも常に上位にある疾患であり社会的問題になっています。腰痛は、筋肉・筋膜による痛み、椎間板性の痛み、椎間関節性の痛み、神経根性の痛みに分けられます。

このような痛みはありませんか?

 


  • 腰が伸びない
  • 腰が常にだるい
  • 痛くて腰を反れない
  • 下肢がしびれる
  • 走った振動で腰にひびく
  • 病院に行ったが良くならない

様々な腰痛

ぎっくり腰

 

ぎっくり腰とは、正式には「急性腰痛症」と呼ばれ、

①急激に発症する腰痛

②動作による痛みの悪化

③明らかな神経痛や麻痺などは合併しない

④レントゲンやMRI でははっきりした異常所見がない

 

この4つの症状を伴う腰痛の総称です。

ぎっくり腰の原因ははっきり特定されていません。筋肉の捻挫のようなもの・炎症、関節(腰椎にも関節があります)の捻挫・炎症、線維輪(椎間板の外側)の亀裂その他原因となる可能性は多部位にありえます。

 

筋筋膜性腰痛

レントゲンやMRIなどの画像診断などで病名のつかない「いわゆる腰痛症」です。原因としては長期にわたる不良姿勢の継続や繰り返されるストレスにより、主に腰背筋の筋疲労や阻血に伴いだるく、重い痛みが発生します。

 

腰椎分離症

 

小学生高学年~高校生のスポーツ選手に好発します。ジャンプや腰の回旋を繰り返し行うことで腰椎の後方部分に亀裂が入って起こります。一般の人では5%程度に分離症の人がいますが、スポーツ選手では30% ~40%の人が分離症になっています。

 

分離症は10歳代で起こりますが、それが原因となってその後徐々に「分離すべり症」に進行していく場合があります。

 

腰椎すべり症

 

上記の分離症から進行するタイプと40歳以降の女性に好発する変形すべり症にわけられます。どちらのタイプも腰部脊柱管狭窄症の原因になる可能性があります。

 

腰椎椎間板ヘルニア

 

主に中年から壮年の男性に好発します。椎間板が神経を圧迫し下肢の痺れ、筋力低下などの症状を引き起こします。膀胱直腸障害(尿閉など)、強い痺れ・筋力低下などがある場合は手術療法の対象となりますが、大部分の方が保存療法で改善が見込めます。

 

腰部脊柱管狭窄症

 

主に50歳以降の壮年・高齢者に好発します。椎間板・椎間関節の変性により脊柱管を圧迫し下肢の痺れ、殿部・下肢のだるさ、間欠性歩行(一度立ち止まって休憩しないと歩けない) などの症状が出現します。

 

坐骨神経痛

 

年齢が若い場合は、腰椎椎間板ヘルニアが多く、高齢になると、腰部脊柱管狭窄が原因で坐骨神経痛がみられます。また梨状筋(殿部にある筋肉)が坐骨神経を圧迫して症状が出る場合があります。症状は下肢に痛み・痺れが出現します。

 

GENKIの治療

 

腰痛の原因として不良姿勢によって脊柱起立筋・多裂筋の過緊張が引き起こされ筋の血流不全が起こることで起こるこのものほとんどです。また腰部の筋肉は胸腰筋膜という筋膜により上部背筋群・殿筋群と連結しているため、腰部の筋肉の過緊張が起こっていることも珍しくありません。

 

ハイボルト

筋肉の過緊張に対してハイボルトが有効です。筋の緊張が軽減されてきたらGENKI独自の猫背矯正・骨盤矯正を行うことで姿勢の改善を図り根本治療を目指します。根本的に姿勢が変わることで神経の圧迫が軽減され手術しなくても痺れが消失することもあります。

 

オリジナルメニュー腰パック

GENKIでは腰痛に特化したオリジナルメニュー腰パックを用意しています。また、腰痛にはGENKI独自の鍼治療が有効です。通常鍼治療には4㎝程度の鍼を使用しますが、GENKIでは4~9cmの鍼を症状・原因によって使い分けることにより深部の筋肉・神経へのアプローチが可能です。

 

腰痛は背筋群・腹筋群の筋力低下が起こっているため筋肉を緩めるだけでは絶対に良くなりません。腰部は全身の中心部にあり様々な運動に関係しています。したがって腰部だけでなく全身を診ていくことが重要になります。

 

例えば股関節の可動域制限があることによって腰部の動きが大きくなり腰痛を引き起こすことがあります。そのため腰痛の治療は腰部の機能改善はもちろん全身の機能改善を図り、再発予防を目指していきます。

 

GENKIでは体幹を鍛える独自の軸トレを行っています。腰痛の再発予防に抜群の効果があります。必要があれば、整形外科医と連携をとって治療を進めていきます。

 

GENKIの詳しい治療についてはコチラ

腰痛でお悩みなら当院にお任せください

 

腰痛でお悩みならGenki鍼灸整骨院にお任せ下さい。

当院では、施術の前に必ず、患者様が抱える問題を把握するためにしっかりとカウンセリングを行います。カウンセリングを終えた後、患者様お一人お一人に合った施術を行ってまいります。

 

患者様がご自身の問題を理解することで安心して頂けるよう適切かつ丁寧に説明させて頂きます。
お悩みの方は一度お気軽に当院にご相談ください。お待ちしております。

 

【慢性腰痛】仙腸関節症による腰の痛みを治療!

genkiでは保険診療が受けられます。

お近くの店舗を探す

お住まいの地域から近いGenki鍼灸整骨院はこちらをご覧ください。院ごとに料金や店舗情報などを掲載しておりますので、お気軽にお問い合わせください。