膝の痛み(変形性膝関節症)について

 

膝は骨と骨との間にクッションの役割や滑らかな動きを可能にするために半月板・軟骨が存在します。変形性膝関節症では、その半月板・軟骨がすり減って、滑らかな動きができなくなり、大きな摩擦を生じるようになります。

 

この壊れた半月板・軟骨組織のかけらによって関節の内側にある滑膜に炎症が起こったり、ときには水(関節液)が溜まって、腫れ上がることもあり痛みが発生します。

 

症状が進行すると関節内に骨棘を形成し関節の隙間が狭くなり、歩行時痛、可動域制限などの症状を呈します。


  • 立ち上がり時に膝が痛む
  • 膝の内側が痛い
  • 運動の開始時に痛みがある
  • 階段の昇降時に膝が痛む
  • 長い距離を歩くと膝が痛い

 

 

変形性膝関節症は一次性(明らかな原因がない)と二次性(外傷後など原因がある)に分けられ一次性が多いとされていますが、どちらも進行性であり適切な治療をおこなわないと症状はどんどん進行していきます。GradeⅢ、Ⅳになれば手術療法の適応となります。

 

原因には体重増加による過負荷、生活習慣、筋力低下、不良姿勢などが考えられますが、根本的に変形性膝関節症はO脚の方が多く、内側の筋肉・軟部組織が短縮し、外側の筋肉・軟部組織は伸ばされて硬くなっています。

 

この筋肉のアンバランスによって骨のアライメント(配列)はどんどん変化し悪化していきます。

 

 

全人工膝関節置換術
( Total Knee Arthroplasty : TKA )

 

高位脛骨骨切り術
( High tibial osteotomy; HTO )】

 

理学療法士が指導の下、手術後のリハビリも行っております。病院でリハビリが終了してしまってお困りの方もご相談ください。

 

GENKIの治療

 

 

炎症期は、消炎鎮痛作用の高い直流微弱電流AAPという物療機器や鍼治療を行います。

 

炎症が落ち着いてきたら、過緊張状態になっているハムストリング・下腿三頭筋・大腿四頭筋の過緊張を軽減させアライメントの改善を測り正しい膝の屈曲伸展運動を作ります。筋緊張の軽減にはマッサージガンが有効です。

 

また では膝痛に特化したオリジナルメニュー膝パックを用意しています。
アライメントの改善と同時に膝関節を安定させるために大腿四頭筋の筋力トレーニング必ず必要になってきます。

 

 

また膝関節は股関節と足関節の間にある中間関節であり体幹・足部など様々な要因が関係するため全身を診ていくことが重要になります。

 

例えば円背になっているだけでも膝関節は曲がったままになり膝への負担は大きくなります。したがって変形性膝関節症の治療は膝関節の機能改善はもちろん全身機能の改善が必要になっていきます。

 

GradeⅡ以下であれば、完治の見込みは十分にあります。
変形性膝関節症の重症化を防ぐO脚改善プログラムは非常に良い成績を上げています。

 

GENKIの詳しい治療についてはコチラ

変形性膝関節症でお悩みの方は当院にお任せ下さい!

 

変形性膝関節症でお悩みの方はGenki鍼灸接骨院にお任せ下さい。一人ひとりに合った的確な施術方法で、必ずあなたの悩みを根本から改善致します。

 

階段の上り下りの最中頻繁に膝が痛んだりする方は、症状が悪化する前に是非当院にお越しください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

genkiでは保険診療が受けられます。

お近くの店舗を探す

お住まいの地域から近いGenki鍼灸整骨院はこちらをご覧ください。院ごとに料金や店舗情報などを掲載しておりますので、お気軽にお問い合わせください。