【筋筋膜性腰痛 伸展型腰痛 症例】

〜デスクワークが多い女性〜

皆さんこんにちは😄

本日は腰痛に悩まされている女性の症例についてシェアします⭐️

受診時の状態

主訴としては腰の後屈時の痛み。

本症例は徐々に腰が痛くなり特に腰を後ろに反った時の痛みがあり、お仕事や日常生活にも影響している状態でした。

背景として2ヶ月後バレエの発表があり最近練習を開始した。

練習では腰を後ろに反る事が多く、そこから痛みが徐々に強くなってきたとのことでした。

評価から問題点

本症例は胸椎伸展の動きが悪く、さらにお腹の力(腹圧)が抜けている為腰椎だけで腰を後ろに反らせるので腰だけにストレスがかかり続けて痛みが徐々に強くなっていったと考える。

◇問題点

#1 胸椎の伸展可動域制限

#2   服圧の低下

#3   腰部の筋の筋緊張

問題点に対してのGENKIの治療プラン

#1 胸椎伸展可動域制限に対して

 ■猫背矯正

 ■アップワード&バックワード

 

詳しくはこちらの動画にて詳しく説明しております。

 

 ■キャット&ドッグ

詳しくはこちらの動画にて詳しく説明しております。

 

#2 服圧の低下に対して

 ■ボディスプリング

詳しくはこちらの動画にて詳しく説明しております。

 ■ローテーション

詳しくはこちらの動画にて詳しく説明しております。

 

 ■ロールダウン

#3 腰部の筋の筋緊張に対して

 ■腰部の筋に対してのリリース

 ■鍼治療

治療後の状態や現在の経過

胸椎伸展可動域制限、服圧の低下が改善し腰を後ろに反る時の腰部へのストレスが大幅に減ったことにより後屈時の痛みが改善しました。

患者様のお声

治療とリハビリを継続してからダンスの練習での腰を反る動作で痛みが出なくなり、反りやすくなりました!

このような症状でお困りの方がいれば是非当院へご来院ください‼️

Genki  HP→ https://genki.top/

お近くの店舗を探す

お住まいの地域から近いGenki鍼灸整骨院はこちらをご覧ください。院ごとに料金や店舗情報などを掲載しておりますので、お気軽にお問い合わせください。