肘の痛み(野球肘)について

 

成長期にボールを投げすぎることによって生じる肘の障害を野球肘といいます。
投球時や投球後に肘が痛くなります。肘の伸びや曲がりが悪くなり、急に動かせなくなることもあります。

 

肘の内側で靱帯損傷が起こったり軟骨は剥がれたりします。また肘の外側で骨同士がぶつかって、骨・軟骨が剥がれたり痛んだりします。

 

野球肘といっても内側型野球肘・離断性軟骨炎・後方型野球肘衝突型・後方型野球肘牽引型に分かれます。まずどのような状態になっているか鑑別する必要があります。

 

このような痛みはありませんか?


  • 肘の曲げ伸ばしに制限がある
  • 投球の瞬間に痛みを自覚する
  • リリース後に肘の後ろに痛みが出現
  • 肘の内側を押すと痛みがある
  • キャッチボールで肘に違和感がある

外反ストレスとは?

 

 

投球数が多い、練習時間が長いなどによるオバーユースが原因ですが、特に肘関節の外反ストレスが直接的な原因です。

 

肘の内側には肘関節内側側副靭帯があり外反ストレスにより靭帯が伸張されます。靭帯は骨に付着するため靭帯が骨膜・軟骨を伸張する形になります。

 

投球数が多い、練習時間が長いなどによるオバーユースが原因ですが、特に肘関節の外反ストレスが直接的な原因です。

 

肘の内側には肘関節内側側副靭帯があり外反ストレスにより靭帯が伸張されます。靭帯は骨に付着するため靭帯が骨膜・軟骨を伸張する形になります。

 

特に成長期の骨は軟弱であるため、靭帯が伸張させることで骨が剥がれて痛みとなります。

 

フォームの悪さ、股関節の柔軟性の低下、体幹の柔軟性の低下、筋力不足、道具の問題など様々な要因により肘関節への外反ストレスが掛かりやすい状態になります。早期に原因を究明し、時期に合わせて適切な治療を行っていく必要があります。

 

GENKIの治療


炎症期は、消炎鎮痛作用の高い直流微弱電流という物療機器や鍼治療を行います。

 

炎症が落ち着いてきたら、上腕二頭筋・腕橈骨筋の過緊張の筋肉に対して徒手療法と合わせてハイボルトハイボルトにリンクという物理療法を組み合わせることが有効です。

 

 

GENKIの詳しい治療についてはコチラ

 

野球肘は様々な要因によって起こっているため筋肉を緩めるだけでは絶対に良くなりません。

 

特に肘への外反ストレスを軽減させるために尺側手根屈筋のトレーニングは必ず必要になります。

 

また股関節・胸郭の柔軟性の低下によって外反ストレスが掛かりやすいフォームになっている可能性もあるので、どのような要因によって肘にストレスがかかっているかを解明し間違ったフォーム修正はもちろん全身機能を診ていくことが重要になります。

 

野球肘については当院にお任せ下さい!

 

当院では、施術の前に必ず、患者様が抱える問題を把握するためにしっかりとカウンセリングを行います。

 

確かな根拠を元に評価・施術を行い結果にこだった施術を行います。患者様がご自身の問題を理解することで安心して頂けるよう適切かつ丁寧に説明させて頂きます。

 

お悩みの方は一度お気軽に当院にご相談ください。お待ちしております。

genkiでは保険診療が受けられます。

お近くの店舗を探す

お住まいの地域から近いGenki鍼灸整骨院はこちらをご覧ください。院ごとに料金や店舗情報などを掲載しておりますので、お気軽にお問い合わせください。